福岡市(南区)養命堂整骨院スタッフブログ

背中の辛さ、猫背を調整したい方!!済 | 2018/09/11

養命堂整骨院です。

こんにちは^^

 

最近、背中が硬すぎて困っている長谷です。

腰や背部の辛さで悩みの方はチェック
腰背部の悩み

そのせいか、
肩のこり、首のコリ、筋違い、頭の痛みが時々起こります。

ではなぜ背中が硬くなるのでしょう?

これは、猫背が原因です。

 

長時間のスマートフォンやパソコン操作などにより
首が前に出る姿勢が続き、背中が丸くなるのです。

これは、首猫背です。

身体に対して、頭と首が前に突き出た状態です。

次は、背中猫背!

背中が丸まり亀の甲羅を
背負ったような姿勢になります。
本来あるべき背中のS字カーブが
かけていない状態で
いわゆる猫背の事です。

 

 

さて、これらの猫背は何が原因で起こるのでしょうか?

丸まっている背中を下にたどっていくと
骨盤に背骨がのっています

ですので、まずは骨盤が正しい位置に
ある事が重要です。

イメージとしては

田んぼや沼の上に東京タワーが
建っているのと

しっかりとしたコンクリートの上に
東京タワーが建っているのとは

どちらがバランス良く安定してそうですか?

もちろん後者ですよね。
要するに、地盤が安定しているという事です。

そして、正しい位置になると
次は、骨盤がその正しい位置に
あり続ける事が重要です。
この維持に大事なのが

筋肉になります!!

 

筋肉には大きく分けて2種類あります。

インナーマッスルとアウターマッスルです。

インナーマッスルとは
身体を支える筋肉で
ヨガやピラティス、体幹トレーニングなどで
鍛えることが出来る筋肉です。

アウターマッスルとは
身体を動かす筋肉で
ウエイトを使ったトレーニングなどで
鍛えることが出来る筋肉です。

ちなみに、当院では
「楽トレ」という機械によって
インナーマッスルを筋トレすることが出来ます。

つまり猫背は、お腹のインナーマッスルが
弱くなり、骨盤や身体を支えることが
出来なくなり、背骨の土台である骨盤が
歪むことで、のっている背骨も歪み
全体的にバランスが崩れ、猫背になるという事です。

簡単に書くと、こんな感じ!!

①お腹のインナーマッスルの低下
     ↓
②背骨の土台である骨盤が歪む
     ↓
③不良姿勢が続き猫背になる

では、どうやったらいいの・・・?

当院では、
骨盤矯正猫背矯正をして

支える筋肉であるインナーマッスルを
楽トレで筋トレをおこない身体の歪みを

正していきます✨

今回の記事は 長谷 でした(^^♪

 

出産後、万全な体勢で子育てを!! | 2018/07/28

こんにちは!

 

養命堂整骨院です。

 

暑い日が続いてますね・・・💦

 

今日は、産後についてお話をして行きます。

 

 

赤ちゃんが生まれてお母さんは育児に家事に日々忙しいとは思いますが、

自分の身体を後回しにされている方を多く見受けられます。

「赤ちゃんがいるから・・・」

「見てくれる人がいない・・・」

などなど産後すぐは、体調もすぐれない上、筋肉や関節が緩く骨盤が不安定である為、

身体の影響は計り知れないものがあります。

産後の回復のカギとなるのが、

「休養と筋力」になります。

産後の身体に必要なことは、基礎体力を取り戻すことです。そのためには、

「十分な休息」、「自分の身体と向き合う時間」が必要です。

とは行ってもなかなかそうはいかないのが現実になります。

今までは、夫婦が主役で生活していましたが、産後は、赤ちゃんが主役になります。

お母さんは、自分のことは二の次にして「子ども優先」の日々を送ります。

自分のケアを怠ると、子どもが大きくなった時には身体がボロボロになっています。

そうなる前に

自分の身体を優先して万全な体勢を

整えてから子育てをしませんか?

まずは、自分の身体がどうなっているかを把握しましょう。

 

出産後の腹筋は緩み、力が入りづらい

お腹の前面に縦に伸びる筋肉が腹直筋です。

 

  ※オレンジ色が腹直筋になります。

 

お腹が大きくなるにつれて腹直筋の真ん中にある白線という部分が伸び、腹直筋が外側に広がります。

そのために出産直後は中央に筋肉がなく空洞になっているため、お腹に力が入りにくい状態が続きます。広がってしまった筋肉を元の位置まで戻すのには時間がかかるのですが、広がっている際に激しい運動などをしてしまうと白線が裂けてしまい「腹直筋離開」になってしまいます。

 

そうならないためにも産後直後の激しい運動は、控えましょう。

 

また腹直筋は、骨盤にある骨盤底筋とも親密な関係にあります。

骨盤底筋は、骨盤の底にある筋肉で子宮、膀胱を支える筋肉で、尿道や膣、肛門の収縮をします。

骨盤底筋だけで、子宮、膀胱など内臓を支えるのは、とても難しいので腹直筋の力を借りて

普段は支えています。

腹直筋が産後は、左右に広がっていて支える役割をするんが難しく、骨盤底筋も出産により筋肉に傷があり支えるのが難しくなり内臓が子宮などを圧迫し産後に尿漏れや便秘、生理不順になったりします。また、内臓が下垂することにより本来の機能ができなくなることにより消化吸収ができず、脂肪となりお腹が出たりと産後太りの原因になります。

 

こうなる前に産後ケアを行う必要があります。

養命堂整骨院では、そのお手伝いをしています。

流れとしては・・・

まずは、身体のチエック(歪みなど、全身を見ていきます)

                

             産後骨盤矯正

                

   楽トレ(インナーマッスルを鍛える器械)

になります。

産後骨盤矯正

今日の記事は、吉村でした。

あなたの腰(腰椎)は大丈夫ですか? | 2018/07/13

こんにちは!!

養命堂整骨院です。

☑︎長い間立っていると、足が痺れてくる

☑︎正座してわけでもないが、足の裏に痺れが出る

☑︎長時間歩いたわけでもないのに足がだるくて重い

☑︎椅子から立ち上がる時、足に痛みが出る

☑︎敷居など、少しの段差でつまずくことが多い

☑︎足の裏が床にはりついている感じがする

☑︎靴を履いた時、中に石などの異物が入っている感じがする

 

 

上記の項目で、当てはまるものが1つでもある方は、当院にいらしてください。

この状態になると、考えられるものが「脊柱管狭窄」という病気になります。

 

脊柱管狭窄は、50代に多く見られる疾患で、

椎間板ヘルニアと間違えられる事が多いのです。

鑑別するには、

脊柱管狭窄は、立っている状態で、前に倒す方が楽、後ろに反らすのがキツイ」

椎間板ヘルニアは、立っている状態で、「後ろに反らす方が楽、前に倒すのがキツイ」

脊柱管狭窄は、後ろに反らすと、脊柱管というところが狭くなり、痛みや痺れが出やすくなります。

脊柱管狭窄になる原因は、腰が反っていることが長年続くなどの負荷がかかり、

筋力(インナーマッスル)の低下も重なり背骨がズレて、起こります。

神経を圧迫する場所により①神経根型②馬尾型③混合型の3種類に分けられます。

①神経根型は、片足が痺れることが多く、両足が痺れることは稀にあります。

状態としては、長時間の立っている市政や神経の圧迫の腰からお尻、太もも、ふくらはぎ

足裏にかけての坐骨神経の痺れが現れます。

さらに間欠性跛行(こま切れにしか歩けなくなる状態)が起こり、歩ける距離が短くなります。

②馬尾型は、足の痺れが、両足に現れます。

異常感覚、間欠性跛行(こま切れにしか歩けなくなる状態)が頻繁に起こります。

お尻周りの状態が多発することが多く違和感が次々と場所を変えて現れることがあります。

③混合型は、腰から足にかけての坐骨神経の痺れや間欠性跛行(こま切れにしか歩けなくなる状態)に加えて、お尻から足裏にかけての痛みやしびれが起こります。

状態が重くなると、排尿・排便障害まで現れることがあり手術の可能性が高くなります。

 

 

このような状態になる前に施術を行いインナーマッスルを鍛えることが大事になります。

インナーマッスル(支える筋肉)をしっかりと鍛えると見た目も変わり状態もよくなります。

なので、最初にあった項目に1つでも当てはまる方は、ご相談してください。

一日の終わりに長谷先生と食事に行った時にパシャリ✨

 腰、ひざ、下半身の不調は骨盤矯正でスッキリ!! ストレッチポールでセルフケア(セルフ整体) | 2017/10/18

養命堂整骨院です。

 

 

 「腰」「股関節」「ひざ」「臀部」「足のツリ」「むくみ」など

腰周辺から下肢のつらさ、セルフ整体、ストレッチポールについて

沢山のリクエストを頂いておりました。

お待たせしました。

 

ある程度、腰や膝のつらさがある程度おさまってきた場合、セルフケアを行うことで整え元気にしていきます。

また、ご自身で体調管理を行うことを覚えて実行してもらうことで、年齢を重ねてもいつまでも若々しく、元気に日々を過ごせる大きな手助けとなります。

 

今回の「腰」「股関節」「ひざ」「臀部」「足のツリ」「むくみ」の動画は若々しく元気にします。

ぎっくり腰の後のリハビリや

膝の痛み、腫れを繰り返すもの

ひざが曲がらない、

歩いた時のつらさ・悩み

階段の昇り降りのつらさ・悩み

足がよくツル

むくみのつらさなど

このような悩みの方にピッタリです。

もし、周囲に悩んでいるような方がおられればごのブログ記事をご紹介頂ければと思います。

 

万が一実感があまり感じられない場合は、やり方が間違っているか、セルフケアで対処できる段階を過ぎたものと考えられます。

また、ちょっとしたコツ、ポイントで効果がかなり違います。

お気軽にご相談ください(^^)/

 

ぜひ習得されて日々実践されて下さいね。

 

 

 

 

これでは、こちらです。

 

 

今回の記事は 中村でした(^^♪

 

 

 

 

肩・首のつらさ、背中のハリ、ストレッチポールでセルフケア(セルフ整体) | 2017/08/28

養命堂整骨院です。

最近、肩・首・脊中のつらさに悩んでいる方が、自分でも家でできることはありませんか?

と  よく聞かれます。

 

投球動作時の、肩の悩みもその場で結果を実感できます。

 

なので、とっておきのストレッチポールを使った方法をお伝えいたします。

言葉や写真ではなかなか伝わりにくいので動画で紹介いたしますね。

 

それでは、こちらです。

 

 

 

 

 

今回の記事は 中村でした(^^♪

ご案内 │福岡市(南区)の養命堂整骨院

福岡市(南区)養命堂整骨院

略図

福岡市(南区)養命堂整骨院受付時間
お問合せ
住所
〒811-1361
福岡県福岡市南区西長住1丁目11-5

福岡市(南区)養命堂整骨院までのアクセス方法

福岡市(南区)養命堂整骨院へのお問合せ、電話番号092-541-8955

福岡市(南区)養命堂整骨院へのお問合せ、フリーダイアル電話番号0120-548-989

TOPへ戻る