痛みの出にくい身体作り!即効性の背骨・骨盤矯正 高効果の深層筋トレーニングで根本改善!

むち打ち症

  • 運転中に追突されてから首が痛い
  • 事故後から首や肩、背中が凝る、重い
  • 事故後から首や肩を動かすと痛い
  • 事故後から吐き気がある
  • 事故後からめまい、目のかすみ、目の疲労感がある

むち打ち症のその症状は諦めないで、
       養命堂整骨院にお任せ下さい!

むち打ち症とは…

・むち打ち症の約7~8割は、「頚椎捻挫型」
自動車の衝突や追突により頸部が衝撃を受けることで、首の筋肉や靭帯が損傷してしまうのが「頚椎捻挫型」です。
症状は首を動かすと痛みを感じたり、動かせる範囲が狭くなったりするものです。痛みは首の後ろ、首の前面、側面、頭部、頚椎にわたり、凝りは首、肩上部、背中に出ます。また、上肢のだるさや痺れなどの症状が発生する場合もあります。
事故直後に適切な治療を行えば、後遺障害を引き起こすことは少ないとされます。

・神経が損傷を受けたものを「神経根症状型」
首の骨の位置が事故の衝撃により元の位置からずれてしまう事によって、骨の中を走っている神経が圧迫されたり、引き伸ばされたりします。
その結果、神経の伝達が阻害されてしまい、首や手足の痛みや痺れ、筋力の低下、だるさ、後頭部の痛み、顔面痛などの症状が起こります。これらの症状は、首を横に曲げる・回す、首や肩を引っ張った時に強まる傾向があります。
「神経根症状型」は骨のずれによって神経が圧迫され起こる症状ですから、放っておけば治るどころか、症状が悪化してしまう事もあります。

・交感神経に悪影響を与える「バレ・リュウー症状型」
神経損傷を受けた場所が交感神経だった場合がこれにあたります。
この神経がダメージを受けると、むち打ち症にありがちな症状の他に、耳鳴りや難聴、あるいは不眠や全身の倦怠感など、事故で受けたダメージとは直接関係のない場所や全身に症状が出ると言われています。
原因がはっきりと解明されているわけではなく、目のかすみ、流涙、動悸、発汗なども見られるため、診断・治療が難しいものとされています。

・最も重い症状出る「脊髄症状型」
脊髄とは、脳から連続する中枢神経で、脊椎の中の脊髄腔を通っています。脊髄が損傷すると身体の麻痺、知覚障害、歩行障害が起こることがあり、下肢に伸びている神経が損傷すると下肢の痺れや知覚異常、歩行障害や膀胱・直腸の障害が起こる恐れもあります。
後遺障害として残ってしまう可能性が高く、「むち打ち症」の中でも最も深刻なケースです。

・発見が遅れることが多い「脳脊髄液減少症」
脳は外部からの衝撃を軽減させるために脳脊髄液と呼ばれる液体の中に浮いています。
ところがさまざまな理由で、脳脊髄液を包んでいる膜が破れ、脳脊髄液が漏れてしまうことで様々な症状をきたします。
激しい頭痛やめまいのほか、睡眠障害や全身の倦怠感などの症状が出ます。また、気圧の変化や天候によって症状が変化するという特徴があります。

 

むち打ち症の症状として…

主な症状として
・痛み(首の後ろ、前部、側面、頭部、頚椎、腕)
・凝り、重い(首、肩、背中)
・動かない(首が回らない、動かすと痛い)
・めまい、目のかすみ、目の疲労感
・吐き気
・握力低下、足や指先のまひ
・その他(だるさ、痺れ)
があります。

交通事故に遭うと事故当事者は興奮状態にあり、痛みを感じる感覚が麻痺している場合もあり数日経過して、首の調子がおかしい、やたらと肩が凝る、などでむち打ち症を疑い、初めて病院に行き診断を受けても、交通事故との因果関係が疑われることがあるため症状がなくても必ず当院、病院に行くようにしてください。

興奮状態とは…
人間の体内にはアドレナリンやβエンドルフィンという物質が分泌され、痛みを感じにくくなると言われています。危機や不安、怒りを感じることによって分泌され、血糖値、心拍数や血圧上昇をもたらし、痛覚を麻痺させる働きもあります。

アドレナリンとは…
身体に危機や不安などを感じることによって分泌されるもので、血糖値、心拍数や血圧上昇をもたらし、痛覚を麻痺させる働きもあります。

βエンドルフィンとは…
人間が危機に遭遇し、身体が損傷した時に分泌されるβエンドルフィンという物質の働きがあるとも言われています。
この物質は脳内麻薬と呼ばれるほど鎮痛作用が強く、興奮が収まり落ち着いて分泌されなくなると、痛みを感じて失神してしまうほどの効果があるとされています。

・頚椎捻挫型…首、肩、背中の痛み、筋肉の凝り、可動域制限、上肢のだるさや痺れなど

・バレ・リュウー症状型…主な症状に加え、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気など

・神経根症状…首の痛み、腕の痛みや痺れ、倦怠感、後頭部の痛み、顔面の痛みなど
安静にしていても、首を曲げた時に症状が強まることがある。

・脊髄損傷…身体の麻痺、知覚障害、下肢に伸びている神経が損傷すると下肢の痺れや知覚異常、歩行障害につながり、膀胱や直腸の障害が起こることもある。

・脳脊髄液減少症…初期には頭痛が起こりますが、症状は天候に応じて左右されるという特徴があります。症状は多彩で、頭が重い、疲れが取れない、イライラする、眠れないなどの不定愁訴、全身の痛み、聴力・視力・味覚の障害などが起こることもあります。

当院の治療では…

症状は後からでることが多いため早めに当院へ来ることをおすすめします。
事故にあった直後などは、炎症などが強いため患部は直接触らず骨格・骨盤矯正など患部以外の所からアプローチしていきます。
炎症が治まってくると患部周辺の筋肉調整(筋膜リリース・トリガーポイント)、骨格・骨盤矯正、場合によってはハイボルト(検査治療機)で治療を行っていきます。

 

ご案内 │福岡市(南区・城南区)の養命堂整骨院

福岡市(南区・城南区)養命堂整骨院

略図

福岡市(南区・城南区)養命堂整骨院受付時間
お問合せ
住所
〒811-1361
福岡県福岡市南区西長住1丁目11-5

福岡市(南区・城南区)養命堂整骨院までのアクセス方法

福岡市(南区・城南区)養命堂整骨院へのお問合せ、電話番号092-541-8955

福岡市(南区・城南区)養命堂整骨院へのお問合せ、フリーダイアル電話番号0120-548-989

TOPへ戻る